緊張の大会当日の朝 | 第18回行橋別府100キロウォーク初参加

スポンサーリンク

出発の朝

当日は6時に起床。前日は緊張で眠れず。夫も仕事が立て込んでおり0時過ぎまで仕事していました。

7時に家を出て途中コンビニで食事と飲み物を買い実家へ。

実家の最寄駅から行橋駅まで一本の電車(へいちく)で行く予定が、兄が送ってくれるということで行橋駅まで車で送ってもらうことに。

9時半には行橋駅に到着。
駅からスタート会場の正八幡宮まではすぐそこ。駅前では記念写真を撮るウォーカーさんもたくさんいて賑やかです。
神社に向かう途中はマツキヨ(9時開店)があったので、医薬品の買い忘れがある方はここで買っておくと安心ですね。私も寄ればよかったと後で後悔しました。

受付

スタート会場に着いたらまず受付へ。
めちゃくちゃ人がいます。
そりゃ約4500人の参加者と、それを支えるスタッフの皆さん、スタートを見守る家族や友達・・・めっっっちゃいます!
でもなんとなく人の流れに乗って歩いていると、受付までたどり着くので大丈夫。スタッフの方も交通整理をされていますので、迷うことなはいかな。
受付を済ませたら、別府で一泊する荷物を預けに行きました。目印は大きなトラック。
一度預けてしまうと別府まで取り出せないので、持って歩く荷物と預ける荷物がごっちゃにならないように注意です。
係りの方は丁寧に預けた荷物を扱ってくれていましたが、トラブル防止のため貴重品や壊れやすいものは入れない。水漏れする可能性のあるもの(化粧水とか)はジップロックなどに入れて万一漏れても他の方の荷物を汚染しないような工夫をした方がいいと思います。
トラックの横には売店コーナーがあり、ドリンクやゼリー、アミノ酸、テーピングを購入するとその場でテーピングを巻いてくれるサービス、くまモンの手ぬぐい、ヘッドライト(携行必須)、記念カップ販売などなどありました。

会場周辺の様子

神社近くにセブンイレブンがありますが、とにかく買い物する人が多くレジ待ちでとても時間がかかっていました。
少し歩けばコスモスという大きなドラッグストアやホームセンターもあり、駅前のセブンイレブン、マツキヨと何か忘れ物があっても大丈夫そうです。
車で来ている方も多く、神社横の駐車場はすぐ満車となっていました。

スタートまで

スタート前の体力はなるべく温存しておきたいところ。あまりウロウロせずに日陰で休める場所を確保しておいた方がいいかもしれません。
白ゼッケンのウォーカーさんたちは開会式前に神社の境内の方へ並びます。ぎゅうぎゅう詰めなのでスタート待ちだけでもかなり疲れそう。。。
私たちの場合、会場到着が9時半。スタート時刻が12時57分でした。
受付諸々を済ませ、知り合いを見つけてテーピング等最終的な確認をした後に、神社近くのセブンで夫が買い物。神社に戻り、参道付近で休んでいたらいつの間にか開会式が始まっていました。そしていつの間にかスタートの列に入っていて、流れに乗ってスタート!
初めてで勝手のわからないことが多く、スタートまでに結構疲れたという印象があります。