靴を買う | 第18回 行橋別府100キロウォーク初参加

スポンサーリンク

私の場合

大会出場が決まり、その日から100キロウォークについてのブログをググっては読みの毎日。
意外とあるある100キロネタ。
シューズはアシックスがいいとか、タイツは高いやつをとか。
そういえばタウン用のスニーカーしか持ってない私は、肝心要のシューズ選びから始めないと。
とりあえずアウトレットモールへ行ってシューズを物色。やっぱいいやつはお値段もいい。第一希望のアシックスはサイズがなくて断念。
なんとなく入ったプーマのお店で、店員さんに100キロ歩ける靴くださいと言って出てきたのがイグナイトというランニングシューズでした。
レディースサイズだとちょっと大きめサイズがなくてメンズサイズを購入。予算より安く買えたけど、なんか本当にこれでいいんかいな?とちょっと不安なショッピング。
履いた感じは悪くないし、インソールを変えて履いてしまえばどうにかなるっしょ!というか、正直靴選びで疲れてしまってもういいや。。。という感じで決定。
これはインソールが外せないタイプだったので、用意していたソルボのインソールと交換できず、仕方なく2枚重ねて履くことに。
サイズが大きめだったので、かかとは少し浅くなるけど、2枚重ねでちょうどいいフィット感で結果オーライ。
でも紐を締めると甲が痛む。
多分締めすぎなんだろうけど、ゆるいと足の爪が爪下出血してしまいそうな雰囲気ムンムンです。
しょうがないので痛いところにはクッションを入れて対処しました。
100均でメイク用パフを買ってきて痛むところに当てます。
これでなんとか不具合も解決しました。

夫の場合

大会も翌週に迫ったある日、やっぱ靴買うと言って近所のスポーツ店へ行った夫。
もう練習時間もないし、足に馴染まないまま本番とかアホか!!!と思ったけど、本人が納得した靴で出たほうがいいしね。
たまたま声をかけた店員さんができる感じのお姉さんで、質問してもズバッと答えが返ってくるような知識量の多い店員さん。
「来週100キロウォークに出るので、そのための靴を探してます」というと、この大会のこともご存知で「お客さんにも経験者がいてああですこうです・・・」と、靴の違いあれこれからいろいろ教えてくれました。そして夫も無事靴が決まり帰宅。
しかし、せっかく買った靴だけど雨との相性が悪かったらしく完歩できなかった夫。
敗因はシューズの生地がスポンジ状になっていて、雨を吸ってしまったとのこと。
確かに見てみると肉厚な感じの生地で乾きにくそうでした。
私の靴は同じメッシュ生地でも、水分が留まらず通り抜けるような生地(説明むずかし)だから、濡れてもスカッとした感じです。
もっと早く買って、もう少し練習をしていたら違う靴に買い換える余裕もあったのかも。

正解が見えない靴選び

未知の距離を歩く靴。一回で決めずに、何回か通って決める方もいるようですし、みんながいいと言ってても自分に合うとは限らないし。。。
ゴールで少しお話ししたご年配の方は10回以上完歩してらっしゃるそうで、どんな靴を履いているのか聞いたら「ジャパネットで買ったウォーキングシューズ」とのこと。へー!ゴリゴリのランニングシューズじゃなくても完歩できるんやとちょっと驚き(失礼!)
今年はなんとなく決めた靴でなんとか完歩はできたけど、インソール変えたりクッション入れたりして、自分用にカスタムしたからギリギリ歩けたのかなと思います。来年出るなら靴は新調したなあ。