【30歳からの転職と職業訓練】仕事を辞めて洋裁の職業訓練校に通った話①

スポンサーリンク

私はノリにノってる働き盛りの30代に突入した頃、勤めていた仕事を辞め、えいっと思い切って職業訓練校へ通いました。職業訓練校では洋裁の勉強をしました。

我ながら思い切った決断だったと思います。

もちろん職場の上司からの引き留めもあり、長年苦楽を共にした同僚やお世話になった先輩からも「なんで!なんで!」と質問攻めでしたが、これは私の人生、このままだと後悔しかないと思いを貫きました。

この記事がこれから転職を考えていて、職業訓練校に通おうか迷ってる方のお役に立てたらと思います。

退職までのこと

退職すると決めたのが10月。上司に退職したいと伝えたのが11月30日です。

で、退職できたのが3月上旬。

この6ヶ月間めちゃくちゃ精神的に疲れたのを覚えています。私史上もっとも気疲れした半年間でした。毎日「仕事 辞め方」みたいなことを検索しては記事を漁る日々。全然スムーズに話が進みません。

仕事辞めるのってこんなに神経使うんかい!とひとりで気を揉む毎日でした。

実ははじめての退職でしたので中々思うように進みませんでした。

諸々はハローワークへ

退職を決意してから、とにかく職業訓練とはどんなもんなのかハローワークへ行って話を聞くことに。生まれて初めてハローワークへ行くのでドキドキしました!

受付で訓練校について聞きたいと伝えたら、担当の窓口まで案内され説明を受けます。

私が知りたかったのは、希望する科の募集の日程と、試験日、いつまでに今の職場を退職したら良いかということでした。

担当の女性は親切な方で、詳しく説明をしてくれました。まだ募集は始まってないので、募集が始まったらまた来てくださいと言われ、年が明けて再び窓口へ。

願書などの説明をしてもらった後、窓口の方が「本当は事前に説明会があったんですが、説明会の日以外でも訓練校の見学はできるので、一度見に行った方が良いですよ」とアドバイスがありました。

職業訓練校はこんなにお得

ここで簡単に説明すると職業訓練校は失業手当てをもらいながら勉強ができます。最長で1年です。しかしちゃんと試験もあります。

一人で職業訓練校に見学

ハローワークで教えてもらった通り、訓練校に電話をかけて担当教科の先生に取り次いでもらい、見学をしたいとう旨を伝えました。仕事が休みの日を伝え、その日に見学をさせてもらうことに。

さらっと書いていますが、元来コミュ症&アガリ症の私、ずーーーーーーーっとドキドキしっぱなしです。電話口でもカミカミ、見学中ももカミカミ。

でもなんとか質問したり、卒業生の進路を聞いたり、頑張りたいアピールをしたり。我ながらよく頑張ったなあと思います。

見学は30分くらいで終了。長いようで短い見学会でした。

見学はしといてよかったと思います。詳しいカリキュラムについてや、今在校している訓練生からの話も聞けたのは大きかったです。

まとめ

私の場合、兼ねてからやってみたい分野の学校があったので良かったですが、まず退職する前に職業訓練校にいくのであれば、ネットでもよりの職業訓練校を探してみましょう。詳細をハローワーク等で聞きにいきます。見学は必ず行ったほうが良いです。次回に書く予定ですが、結構出席率が厳しいです。次回は学校の話をしたいと思います。